エイジングケアの天使|シミ、しわ対策ならお任せ!

エイジングケアの情報サイト。シミ美白ケア、しわケアなどについて詳しく解説しています。
MENU

エイジングケアの天使|正しいエイジングケアをしよう!

エイジングケア

シミの悩みと対策について

 

歳とともにどうしてもお肌の悩みは増えていきます。代表的なものはやはりシミですね。私も30歳を過ぎた頃からシミが気になるようになってきました。とは言えシミを消すというのはなかなか大変なので、とにかくこれ以上新しいシミができないように紫外線ケアを徹底的にすることが大事かなと思っています。日焼け止めを塗るのはもちろんですし、外出時は帽子をかぶったり夏でもカーディガンを羽織る、日差しの強いときはサングラスを必ずかける(目から紫外線が入ることで、皮膚が直接紫外線を浴びなくても、メラニンの合成が促進されてしまうそうです)など、出来る限りのことはしています。また、お肌は食べ物によっても大きく影響されるはずだと思っているので、お肌にいい食べ物(シミ防止に効果があるとされている食べ物)も積極的に食べるようにしています。第一にやっぱりビタミンC。ビタミンCには、メラニン色素の沈着を防いで美肌にしてくれる働きがあるそう。なので、最近はビタミンCが豊富なゴーヤを使った料理をよく作っています。また、ビタミンEには紫外線から肌を守る働きがあるそうなので、ビタミンE豊富なアーモンドやアボカドを食べるようにしています。毎日継続することで、少しでもシミが薄くなってくれればいいなーと思います。

 

なかなか消せない頑固なシミ

 

大学生の頃まで、あまり美白ということを気にしていなかった事を後悔しています。
紫外線を気にして、日傘などをさすようになったり、日焼け止めをしっかりぬるようになったのは、20代半ばからです。それまでは、外出する時、スポーツする時、肌が焼ける事をあまりに気にしていませんでした。
その頃に浴びた紫外線の影響か、30代になると大きめのシミが出来てきました。自分ではあまり気にしていなかったのですが、母親が気にしてきました。目尻にシミが出来始めると、さすがに老けた印象が強く出てきてしまったので、年間を通して、美白効果のある化粧水、美容液、乳液を使い始めました。
しかし、1度出来てしまったシミはなかなか頑固で、コンシーラーやファンデーションで隠そうとしても大きなものは難しく、結婚が決まってからは式までにどうにかならないかと悩みました。
そこで、皮膚科でレーザー治療でシミをとることにしました。3箇所やりましたが、治療して赤みが引いた頃、本当になくなった!と思っていたのですが、3、4か月するとまた出てきてしまいました。以前よりは少し薄めですが、完全には無くならなかったので残念でした。
出来てしまったシミを消すことが難しいとわかってから、今以上にシミを増やさないよう、なるべく紫外線を浴びないように、食べ物も肌にいいもの、化粧品は美白のものを使い続けています。

 

ほうれい線を消すエクササイズ

 

歳を重ねることで出てくるお肌の悩みはいろいろありますが、私が最近特に気になるのはほうれい線です。自分のほうれい線ももちろん気になりますが、他人のほうれい線も気になってしまう私です(性格悪いですね。汗)。
ほうれい線がやっかいなのは、シミやそばかすと違って隠せないところだなーと常に思います。もちろんシミもとっても気になりますが、幸い(?)私はとっても優秀なコンシーラーを持っていて、それを使えばとりあえず隠すことはできるので…。ただ、メイクを落とすとガックリきてしまいますが。
そんなほうれい線の主な原因は、もちろん加齢によるもの。年齢とともに筋肉は衰えます。頬の脂肪がたるむことで、溝であるほうれい線が目だってしまうのです。そこで、私は顔の筋肉である表情筋を鍛えるエクササイズをするようにしています。
簡単なものは「あいうえお」を思いっきり口を開いたり動かしたりしながら言うという動き。顔の筋肉を意識しながら行うのがポイントです。また、口を思い切りすぼめたりふくらませたりする動きも、普段使わない頬の筋肉を鍛えることができます。
ちなみにこれらのエクササイズ、人前ではできないので、私は常にトイレでするようにしています。トイレに入ったらフェイスエクササイズをするということを習慣にしてしまうと毎日無理なく続けられるのでおすすめですよ

 

私の目もとのシワ防止ケア

 

目じりのシワに悩んでいる人は多いかと思います。もちろん私もその一人です。目じりにシワがあるだけで見た目の印象が全く変わってしまいますから、とても気になる部分ですよね。目元の皮膚は他の場所と比べて薄い上に皮脂が少ないのでどうしても乾燥しやすいのだそうです。かつまばたきなどでよく動くため、どうしてもシワができやすくなってしまうのでしょう。
とはいえ、やはりシワはないほうが若い印象になりますし、女性としてはやはり出来るケアはして、なるべくシワのないピンと張った目元をキープしたいものです。アイクリームなどを使ってしっかり保湿するのはもちろんですが、それ以外にもシワ防止のために心がけたいポイントはいくつかあります。
私が心がけていることのひとつは、目元をゴシゴシとこすらないこと。特にクレンジングのときはついこすってしまいがちですが、デリケートな目元の皮膚は刺激に弱いもの。私はメイクをおとす際は、コットンにたっぷりとクレンジングをしみこませてゆっくりとやさしく押し当てるようにして落としています。また、紫外線を浴びるとお肌のハリを保つコラーゲンに影響が出て、お肌の弾力がなくなりシワになりやすくってしまうそうなので、目元もしっかりと紫外線ケアをするようにしています。

更新履歴
このページの先頭へ